7/5/2016

ダイエットをするのにはいろいろな方法がありますが、最近話題になっているのが緑茶ダイエットです。緑茶を飲んでダイエットをするというシンプルな方法のようですが、実際どれぐらいの効果があるのかを見ていきましょう。

まず緑茶ダイエットを始める前に注意する事がいくつかあります。緑茶にはカフェインが入っているので眠気を覚ます作用があります。そのため緑茶を飲んでしまうと眠りにつくにくくなってしまうので就寝前に飲むのは控えましょう。またカフェインは利尿作用もあるので飲み過ぎてしまうと尿意を感じやすくなってしまいます。そのため頻尿になってしまう可能性もあるので飲み過ぎには注意が必要です。緑茶には眠気覚まし、利尿作用の2点がある事をまず頭に入れてからダイエットに取り組むようにしましょう。

緑茶を飲むだけで本当にダイエット効果が実感出来るのかと疑問を持ってしまう人が多いと思いますが、緑茶にはカテキンという成分が含まれていて脂肪を燃焼しやすくしたり、コレステロールを低下してくれたりする作用があるのでダイエット効果は期待出来ます。

ダイエットしている人はウォーキングなど有酸素運動を取り入れている人が多いと思いますが、ウォーキングをする前に緑茶を飲んでおくと効率良く脂肪を燃焼する事が出来ます。本来ならウォーキングをしてから20分後に脂肪が燃え始めると言われていますが、ウォークング前に緑茶を飲んでおく事でカテキン効果が作用してウォーキングしてからすぐに脂肪を燃焼させる事が出来るので普段よりダイエット効果が実感出来ます。脂肪も効率良く燃焼出来るので短期間でのダイエットも十分可能です。

運動が苦手でほとんどしないという人も外出した時は必ず歩く事があると思います。その時に緑茶を飲んでおく事によって脂肪を効率良く燃焼する事も出来ます。少しでも歩けば当然エネルギーは消費するので脂肪も燃焼していきます。そこで緑茶を飲んでおく事でカテキン効果をうまく利用すれば歩くだけでも効率良く脂肪が燃焼出来るので意識して取り組んでみるといいでしょう。

脂肪燃焼に効果があるカテキンを1日に500mg以上摂取するとダイエット効果が出やすいと言われています。ペットボトルの緑茶を飲む場合は1日2本飲めばカテキンを500mg以上摂取する事が出来るのでペットボトルの緑茶を1日2本飲む事を習慣づけておきましょう。飲みタイミングはなるべく歩く時にするとより効果が出やすくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です