Register Now

痩せるお茶といえばウーロン茶?気になる効果を解説

16/11/2015

脂肪を燃焼させる働きがあるため、痩せるお茶として愛飲されているのがウーロン茶です。

私も食事や運動をするときにはウーロン茶を飲むようにしてから、体重を減らすことができました。

<運動の前後にウーロン茶>

ジョギングなどの有酸素運動を行う前に、ウーロン茶を飲んでから始めるようにしました。

有酸素運動が終わった後の水分補給としても、ウーロン茶を飲むように心がけていました。

これによって、体の新陳代謝が良くなり汗を沢山かくようになってきました。

汗と一緒に体の中にある毒素が外に出て行ったことから、しばらく続けていると肌つや・血色もよくなってきました。

お風呂に入ることも有酸素運動の一種とされているので、お風呂の前後にもウーロン茶を飲むようにしていました。

お風呂に入ると自然と汗をかきますが、その汗の量がウーロン茶を飲み始める前よりも明らかに多くなりました。

体内の毒素を対外に排出するためには、発汗がとても効果的ということと、

ジョギングやストレッチなどの運動は毎日行う習慣がなくても、入浴は毎日行う習慣がある人がほとんどなので、

毎日の生活習慣を変えることなく無理のない有酸素運動をより効果的に行うという意味で、

お風呂前後のウーロン茶は有効だとと考えられます。

参考 痩せるお茶

<食事前後のウーロン茶>

食事前に暖かいウーロン茶を一杯のんでから、

食べ始めるようにすることでウーロン茶を一番最初に吸収させるようにしました。

焼肉やハンバーグといった脂っこい食事をするときに、

胃がもたれることなく最後までおいしく食べることができました。

ウーロン茶を飲むようになってから、体重が減り始めたことと併せて平熱が上がってきました。

それまで冷え性で手足が冷たくなって悩んでいた私にとって、体重の減少と一緒に冷え性も解消されて嬉しかったです。

ウーロン茶のような発酵茶には、緑茶やコーヒーにはない体を温めて持続させる効果があるそうです。

発酵茶は紅茶や黒茶といったものが他にもありますが、ウーロン茶は脂肪の吸収を抑えるという効果もあるので、

どうせ健康飲料として飲むのであればウーロン茶が一番良いかなと思っています。